海外の薬を安全に個人輸入するために。正しい輸入代行業者の選び方!

medicine
「海外の薬の個人輸入を考えているけど、代行業者に依頼しようかな」
「初めて依頼するから不安…ちゃんと届くのかな?」

薬の個人輸入は薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)で厳しく制限されています。

原則として、次のようなことを守らなければなりません。

  • 薬の個人輸入は自分自身で使う場合にのみ可能(他人への譲渡・販売は違反)
  • 決められた数量のみ可能(医薬品または医薬部外品の場合:1品目24個まで

など

※数量以上輸入したい場合は、別に薬監証明を受ける必要があります。 (薬監証明とは:販売目的の輸入ではないことを証明するもの。厚生局へ書類の提出が必要。)

外国語の不安や支払い・配送方法の指定など、いろいろわからないことだらけで、代行業者への依頼を考えている方も多いのではないでしょうか?

ここでは安心して代行業者に依頼できるよう、次の3つを解説していきます。

  • 個人輸入代行業者の特徴
  • 違法にならない代行手続き・違法になる代行手続き
  • 安全な代行業者の選び方

この記事を読んで、不安なく安全に個人輸入できるようになれば幸いです。
それではまいります。

個人輸入代行業者の特徴

上でもお伝えしましたが、薬の個人輸入は薬機法に基づいて行わなければなりません。
もちろん代行業者の代行手続きも、きちんと薬機法で制限されています。

そのため、次のような流れでの代行しか認められていません
daikounonagare
箇条書きでまとめると、以下のようになります。

<違法にならない個人輸入代行>

  1. 薬の購入者は、輸入代行業者に希望する商品の輸入を依頼する。
  2. 購入者は、輸入代行業者の手数料が上乗せされた価格を支払う。
  3. 輸入代行業者は、預かった代金等をとりまとめ、送付先等リスト(消費者の氏名、現住所等)とともに、外国の販売業者に送付する。
  4. 外国の販売業者は、購入者に対し、直接商品を送付する。

反対に、違法になってしまう代行の手続きは以下のようになります。

<違法になる個人輸入代行>
例)

  • 輸入代行業者が、国の承認を受けていない医薬品の商品のリストを不特定多数の者に提示し、その購入者を募ること。
  • 輸入代行業者が、あらかじめ注文を見込んで、個人使用目的として輸入していた商品を消費者に販売すること。
  • 消費者の注文を受け、自らの資金で商品を輸入し消費者に販売すること。
  • 薬の購入者が輸入代行業者の提示するリスト中の、特定の商品の輸入手続きを依頼すること。

参考サイト:
厚生労働省 個人輸入代行業の指導・取締り等について

これにより、正しい個人輸入代行サイトでは、

  • 欲しい商品を検索する際、きちんと正式名称で検索しなければならない(商品のリストを購入者に提示しないようにするため)
  • 購入者の注文を受けてから、現地の業者へ依頼しなければならない(在庫を抱えないようにするため)

という点を徹底しています。

薬の個人輸入の代行手続きは、このように厳しい条件をクリアしなければなりません。

取り締まりは年々厳しくなっていますが、中には薬機法に違反している業者もあるため、利用する際はきちんと覚えておくとよいでしょう。

実際に個人輸入代行のトラブルは多発しています

medicine
日本では未承認の医薬品を輸入・販売し、実際に健康被害に遭ってしまったり、中には死亡例も多数確認されています。

参考サイト:
厚生労働省 健康被害情報・無承認無許可医薬品情報

また、そもそも購入した商品が届かず、代行業者に連絡したくてもメールアドレスのみで返事が来ない…という例も。

安全に海外の医薬品を使うために、あらかじめ医師や薬剤師に相談・確認する必要がありますが、なにより代行業者選びも大事な要素になってきます。

安全な代行業者を選ぶには:ポイントは3つ

three
せっかくお金を出して購入するんですから、安全な業者へ依頼したいですよね。

次のポイントをおさえた業者に依頼するのがおすすめです。

✔運営元が日本の会社であること。

運営元が海外の会社だと、細かい言葉のニュアンスの違いで、問い合わせ時にトラブルになることも。
日本を拠点とした法人会社だと、日本語で丁寧にサポートしてくれますので、もしものときでも安心です。

✔サポートが充実していること。

連絡先がメールアドレスのみで、電話番号が記載されていない業者は要注意。
電話・メールどちらでも連絡ができ、きちんと会社の所在地が明記されているところを選ぶようにしましょう。

個人輸入代行は、お客様からの注文を受けてから、現地の業者へ注文、そこから発送となりますので、お届けまで4,5日〜長いと3週間以上かかることも。
初めての方だと、「なかなか届かない…」とどうしても不安になってしまいますよね。

そんなとき、すぐ連絡がついて、かつ日本語での確実なサポートがあれば、スムーズにやりとりできて不安を軽減できるかと思います。

✔長く運営されていること。

薬の個人輸入代行に限らず、どの業者にもいえることですが、長く営業・運営されている業者を選ぶのも大切です。

長く運営されているということは、たくさんのお客様が利用し、経験・実績・ノウハウが積み重なっているということ。

また現地の業者とも信頼関係が確立されていますので、安心して利用できると思います。

ーーーーー

代行業者を利用する際は、この3つのポイントを意識して探してみてくださいね。

ちなみに私たちお薬堂は、チェックポイントをすべてクリアしているので、安心・安全にご利用していただけます。

お薬堂は安心・安全な個人輸入代行手続きを行っています

okusuridou
お薬堂は、薬機法に基づいて、100%正規の海外医薬品、サプリメント、化粧品などの代行手続きを行なっております。

<お薬堂が安心・安全な理由>

  • 北海道を拠点とした日本法人です
  • メール・お電話(011-788-4048)にて確実なサポートを行っています
  • 長く卸売通販を運営し、実績・ノウハウを培ってきました

また、お薬堂で扱っている製品は、実際に医師からの注文も受け、病院でもご利用いただいている100%正規品です。 これも、正規メーカーから直接仕入れをしている現地の出荷元としっかり提携しているからできること。

手厚いサポートと正規品、そして海外から日本への確実な配送方法を厳選し、「初めての個人輸入で不安…」という方にも安心してご利用いただける体制を整えています。

安全に薬の個人輸入をしたい方はぜひご検討くださいね。

▶︎初めてご利用の方はこちら。

▶︎お薬堂の詳しいご利用方法はこちら。

▶︎お薬堂トップページ・商品一覧はこちら

個人輸入医薬品

海外サプリメント・化粧品他

個人輸入代行会社の選びかた
海外医薬品の個人輸入が初めての方へ
海外事業者が運営している医薬品個人輸入代行サイトにご注意ください
代理店募集中

コンテンツ

定休日

2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930